JUGEMテーマ:登山・トレッキング

 

最初から見たい方はこちら

 

3日目は、初日にと同じルートを帰るので、ほとんど写真も撮っていません。

初日と違うのは、朝一出発したので、雪の表面が凍っていて、滑りやすい

ということ!なので途中から(ほぼ最初から)アイゼンをつけて歩きました。

 

3日目   2018/4/30   三伏峠小屋 -> 鳥倉登山口 -> 鳥倉林道ゲート駐車場

                                7:45              10:50           11:30     

 

朝一から塩見岳を見ながら、ラーメン!

豚の生肉を雪の中に埋めていたので、3日目でも

肉入りのラーメンを食べることができるって幸せですね!

さあいただきます〜!!ご飯食べて、最後まで頑張るぞ〜!!

歩き始めてすぐにアイゼンを装着です!

アイゼンを付けたら、安心感が違いますね。

その代わり少し歩きにくいし、引っかかったりするのが気になります。

何か所か危険度が高い場所を慎重に渡りながら帰ります〜

 

そして無事下山しました〜!!今回もナイスな山行となりました〜!!

 

<番外編>鹿塩温泉 塩湯荘で、日帰り入浴!

 

登山の帰りに入浴して帰ることに!3日間の汗を流すのにせっかくなので、

塩見岳の名前の由来でもある?鹿塩温泉に行くことに!

ここは、塩水が沸いていて、天然塩水を利用した温泉のようです。

山奥なのに塩水が沸いているなんて、超珍しい温泉です。

 

2つの温泉があったのですが、最初に行った

湯元 山塩館 という温泉(塩湯荘のすぐ近くというか真上にある)は

その時は忙しかったのか日帰り温泉は受け付けていなかったので、

すぐ隣にある塩湯荘に行きました。基本的には旅館のようですが、

日帰り温泉もやっているようです。値段は600円です。

 

川沿いの鹿鳴橋を渡ると塩湯荘が見えてきます。

 

川を渡ったらすぐに看板が出てきます。100年以上の伝統ある温泉と

いうことで、建物も風格がありました。

 

温泉の入り口には、塩水が湧いて来る井戸がありました。

お店の方が親切にも井戸の水を出してくれて、塩水の味見をすることが

できました。本当に塩水です。塩水が沸いています。信じられないですね。

こんな山奥なのに塩水が沸いているなんて・・・

昔から塩は貴重だったんですね〜

 

温泉の浴槽の写真は撮れませんでしたが、僕らが入ったのは、李花の湯の方で、

丸い浴槽でした。浴室は小さめで、4人くらいが洗える洗い場があって、

浴槽も小さめです。露天風呂はありませんでした。

4、5人が入れるくらいの浴槽です。僕ら2人以外に、1人しか

人がいなかったので、楽々入れました。はやり当たり前ですが、お湯も塩の味がします。

湯加減は最高です!いろいろ温泉の効能もあるみたいで、傷だらけの

体を癒してくれました。

 

<番外編2>塩の里で、お土産!

せっかく塩見岳に来たので、お土産も塩に関するものがいいかなと思い、

塩の里というお土産屋さんに!

 

山の塩なんて滅多にないので、これをお土産にすることに!

なめらかな味でとてもおいしいです。焼き鳥や焼き肉なんかに

ふって食べたら美味しかったです!!!

結局塩のお土産たくさん買いました〜〜!


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM